和歌山中央幼稚園

ウェブサイト

上記のリンクをクリックすると、Hotfrogによって運営されていないウェブサイトに行くことができます。 Hotfrogは、リンク先のサイトの内容や利用について責任を負いません。
住所: 波分32岩出市波分和歌山県649-6241

和歌山中央幼稚園
Categories: Unknown

和歌山中央幼稚園のキーの連絡先の詳細
Eメール
Eメール送信
ウェブサイト
w-chuoh.com/nyue
住所
波分32, 岩出市波分, 和歌山県 649-6241
新規企業プロフィール

学校法人和歌山中央学園和歌山中央幼稚園は、昭和54年岩出市(当時岩出町)で最初の幼稚園として開園しました。 当時人口23,000の田園風景広がるカントリータウンであった岩出市も、和歌山のベッドタウンとして、また最近では関西国際空港の開港を契機に、大阪のベッドタウンとして発展を続けております。 それに伴い開園当初180名であった定員を3回にわたる増員によって420名とし、地域の幼児教育のパイオニアとして現在に至っています。 保育の目標 実際にやってみることを重視し、機会を見つけてさまざまな体験ができるよう心がけています。 むしとり、落ち葉集め、砂場遊び、シャボン玉、そうした日常体験を、年齢に応じて保育に豊富に取り入れ、自由に思いきり自ら遊ぶ、そうした経験を下地として以下のことに取りくんでいます。 子育てへの取り組み 子供達が健やかに成長してゆくために、日々の保育以外に次のような取り組みをしています。 (教育講演会) 「どの様に子育てをしてゆけばよいのか。」という親としての悩みを少しでも取り除き、子育ての道標を親御さんに持っていただくために、年に何度か開催しています。 児童文学者斎藤惇夫さん・絵本作家かこさとしさん・同じくまついのりこさん・小児科医山入高志先生・和歌山信愛女子短大教授室みどり先生・和歌山大学教授森下正康先生、元岩出中学校長中山皖市先生・和歌山大学教授米澤好史先生・愛知学泉短期大学教授角田春高先生等バラエティ-にとんだ方々においで頂いています。 (教育研究機関との共同研究) 子供たちの「育ち」をより深く理解するために、大学等の研究機関との間で共同研究をし、日常の保育に役立てています。 かつては奈良女子大学丹羽研究室と、ここ数年は和歌山大学心理学教室との間で行ってまいりました。 今後さらに研究を進めてゆく計画です。研究データの採取は先生たちにとってそれなりにたいへんな作業ですが、それによって一人一人の子どもをたいへん細やかに観ることのできる先生が育ってゆきます。なお、これらの研究結果の一部が、エイデル研究所刊の「げんき56号」に特集記事として掲載されました。 (小学校との連携) 小学校入学時にスムーズに学校にとけ込めるよう、小学校と密接に連絡をとりあい、入学前、入学後に主な進学先各小学校の先生と懇談の機会を設けています。 こういった取り組みと共に、望ましい子供の姿として『生き生きとした強く明るい子供 』『美しくあたたかい心の子供』『考えてやりぬこうとする子供』3つの目標を掲げ、日々の保育をおこなっています。

  • 新規企業プロフィール

    学校法人和歌山中央学園和歌山中央幼稚園は、昭和54年岩出市(当時岩出町)で最初の幼稚園として開園しました。 当時人口23,000の田園風景広がるカントリータウンであった岩出市も、和歌山のベッドタウンとして、また最近では関西国際空港の開港を契機に、大阪のベッドタウンとして発展を続けております。 それに伴い開園当初180名であった定員を3回にわたる増員によって420名とし、地域の幼児教育のパイオニアとして現在に至っています。 保育の目標 実際にやってみることを重視し、機会を見つけてさまざまな体験ができるよう心がけています。 むしとり、落ち葉集め、砂場遊び、シャボン玉、そうした日常体験を、年齢に応じて保育に豊富に取り入れ、自由に思いきり自ら遊ぶ、そうした経験を下地として以下のことに取りくんでいます。 子育てへの取り組み 子供達が健やかに成長してゆくために、日々の保育以外に次のような取り組みをしています。 (教育講演会) 「どの様に子育てをしてゆけばよいのか。」という親としての悩みを少しでも取り除き、子育ての道標を親御さんに持っていただくために、年に何度か開催しています。 児童文学者斎藤惇夫さん・絵本作家かこさとしさん・同じくまついのりこさん・小児科医山入高志先生・和歌山信愛女子短大教授室みどり先生・和歌山大学教授森下正康先生、元岩出中学校長中山皖市先生・和歌山大学教授米澤好史先生・愛知学泉短期大学教授角田春高先生等バラエティ-にとんだ方々においで頂いています。 (教育研究機関との共同研究) 子供たちの「育ち」をより深く理解するために、大学等の研究機関との間で共同研究をし、日常の保育に役立てています。 かつては奈良女子大学丹羽研究室と、ここ数年は和歌山大学心理学教室との間で行ってまいりました。 今後さらに研究を進めてゆく計画です。研究データの採取は先生たちにとってそれなりにたいへんな作業ですが、それによって一人一人の子どもをたいへん細やかに観ることのできる先生が育ってゆきます。なお、これらの研究結果の一部が、エイデル研究所刊の「げんき56号」に特集記事として掲載されました。 (小学校との連携) 小学校入学時にスムーズに学校にとけ込めるよう、小学校と密接に連絡をとりあい、入学前、入学後に主な進学先各小学校の先生と懇談の機会を設けています。 こういった取り組みと共に、望ましい子供の姿として『生き生きとした強く明るい子供 』『美しくあたたかい心の子供』『考えてやりぬこうとする子供』3つの目標を掲げ、日々の保育をおこなっています。

確認済み :Hotfrog

和歌山中央幼稚園

確認済みID: 1209447917588480

確認済み 12/05/2019 @ 01:40:47
更新 12/05/2019 @ 01:40:47