デジタルハイビジョン環境における第3世代アニメーションの研究と実証

ウェブサイト

上記のリンクをクリックすると、Hotfrogによって運営されていないウェブサイトに行くことができます。 Hotfrogは、リンク先のサイトの内容や利用について責任を負いません。
住所: 港区六本木東京都1066134

デジタルハイビジョン環境における第3世代アニメーションの研究と実証
Categories: Unknown

デジタルハイビジョン環境における第3世代アニメーションの研究と実証のキーの連絡先の詳細
ウェブサイト
www.hd-animation.jp
住所
港区六本木 東京都, 1066134
 

デジタルハイビジョン

CD・ビデオ・DVD


カスタマーレビュー
レビューを書く
新規企業プロフィール

このプロジェクトの目的の1つに、ハイビジョン規格によるアニメーション制作における「予算」と「時間」の問題への挑戦、というものがある。現在のアニメーション製作は、SD規格(アナログTV/NTSC、640×480)が標準で、高精細といわれるものでも予算と時間の関係からハーフハイビジョン(1280×720程度)で製作し、アップコンバータを通すことで対応している状況だ。実は画面画素数で比べた場合、従来のSD規格からハイビジョン規格の間には約8倍の開きがある。さらに3D-CGを作成する場合、奥行きの計算も追加されるため、実際には約27倍の計算量となってしまう。また過去の経緯からアニメーションでは「3コマ撮影(毎秒8枚)」による制作が主流だが、ハイビジョンでは30FPS(毎秒30枚)が必要とされるため、製作時には従来よりさらに大量の演算が必要となってしまう。2年程前に25分のフル3D-CGアニメーションがSD規格のビスタサイズで作成されたことがある。このときの演算終了までの時間は、約2年必要 だったといわれてる。もし当時のシステムのままハイビジョンアニメーションを製作した場合、約50年近くの演算時間が必要という計算になる。この膨大な計算量を1台のマシンでまかなうことは物理的に不可能なため、cell computing®を活用した分散コンピューティング技術が求められているのである。

  • 新規企業プロフィール

    このプロジェクトの目的の1つに、ハイビジョン規格によるアニメーション制作における「予算」と「時間」の問題への挑戦、というものがある。現在のアニメーション製作は、SD規格(アナログTV/NTSC、640×480)が標準で、高精細といわれるものでも予算と時間の関係からハーフハイビジョン(1280×720程度)で製作し、アップコンバータを通すことで対応している状況だ。実は画面画素数で比べた場合、従来のSD規格からハイビジョン規格の間には約8倍の開きがある。さらに3D-CGを作成する場合、奥行きの計算も追加されるため、実際には約27倍の計算量となってしまう。また過去の経緯からアニメーションでは「3コマ撮影(毎秒8枚)」による制作が主流だが、ハイビジョンでは30FPS(毎秒30枚)が必要とされるため、製作時には従来よりさらに大量の演算が必要となってしまう。2年程前に25分のフル3D-CGアニメーションがSD規格のビスタサイズで作成されたことがある。このときの演算終了までの時間は、約2年必要 だったといわれてる。もし当時のシステムのままハイビジョンアニメーションを製作した場合、約50年近くの演算時間が必要という計算になる。この膨大な計算量を1台のマシンでまかなうことは物理的に不可能なため、cell computing®を活用した分散コンピューティング技術が求められているのである。

デジタルハイビジョン環境における第3世代アニメーションの研究と実証's Keywords

デジタルハイビジョン | CD・ビデオ・DVD

確認済み :Hotfrog

デジタルハイビジョン環境における第3世代アニメーションの研究と実証

確認済みID: 1131590389051392

確認済み 16/10/2018 @ 09:00:58
更新 13/05/2020 @ 07:19:20

Articles